安全基準

安全キャットフードの基準

猫にキャットフードを与える際にどのような事を基準に選んでいらっしゃいますか。
人によっては値段、安全性、猫の好みと分かれてきますが、猫の健康管理を考える上で、ここでは安全性について考査していきます。

安全性というと国産や研究機関認定など様々なものがありますが、実際には日本国内においては厚生労働省など国が認定する安全基準はありません。
ペットフードの先進国であるアメリカでAAFCOと呼ばれる政府認定の機関があり、厳密に猫の年齢に応じた栄養学に基づいた観点からキャットフードの研究、試験しています。
こうしたところで考えると基準は日本ではなく、アメリカにあると考えた方がいいかもしれません。

もちろんこれはあくまでも認定基準というところで考えた観点であり、国産のフードが良くないのかというとそうではありません、もちろんフードに使われている原料の原産国やフードに添加されている添加物も考慮しなければいけません。
もちろん日本にはフードの国の認定機関はありませんがペットフードの安全確保に関する法律はあります。
それなので国内に流通するキャットフードの中に危険物が含まれていない事を前提に考える事は出来るので、やはり添加物に着目して考える方も多いと言われています。
有名メーカーのキャットフードだからといって過信は禁物です。
添加物によって個体差はあるにせよ、腎臓病、尿路結石、アレルギーなど猫にとって重大な疾患も与えてしまいかねないので注意が必要です。

また、キャットフードの保存方法も知っておきましょう。

このページの先頭へ