安全基準

キャットフードに欠かせない療法食

猫も人間同様に病気になりますし、もともと疾患をもって生まれてくる子やアレルギーなど体質的に問題のある子、太りやすい子と様々な問題を抱えます。
そうした猫には療養食http://www.amppr.org/oganixtuku.htmlを与える必要がありますのでそうしたキャットフードをご紹介します。

病気に関するキャットフードで言うと口腔内のトラブルを解消する『口内炎、歯肉炎用のフード』、消化器官のトラブルを解消する『胃炎、下痢用のフード』、猫の中でもトラブルが多い『腎臓の疾患を抱える子用のフード』、体質的な問題で言うと尿のトラブル『尿路結石が出来にくいフード』、太りすぎの子用の『ダイエットフード』、皮膚などのアレルギーを持っている子向けの『アレルギー用のフード』などがあります。

もちろんこれらは市販で購入することも出来ますし、かかりつけの獣医によっては推奨、販売しているところもあります。
まずは今飼っている猫がどんな疾患を抱えているのか適正な診断を受けてからフードを購入するようにする必要があります。
また猫によっては味の好みが分かれることもあるのでこうした事も考慮に入れる必要があります。
動物病院によってはサンプルを用意してくれるところもあるのでこれらを参考に猫に最適なCat Foodを選んであげる事が大切です。


このページの先頭へ