安全基準

キャットフードの相場の詳細

キャットフードを選ぶ際に困った事はありませんか。
店頭に並ぶキャットフードは相場http://www.pets-one-nagoya-minato.jp/kakaku.htmlもピンからキリまであります。
もちろんその値段に応じてその主成分や栄養素は大きく変わってきます。
もちろん猫も人間と同じようにもともと体が丈夫な子から遺伝的に腎臓や膀胱に疾患が出やすい子と様々です。
もちろん安いフードを与え続けても健康な子もいれば、安いフードの成分が合わずに病気になってしまう子もいます。

動物病院でワクチン接種や定期健診で血液検査をすると今与えているフードが適正なのかそうでないのかという事が顕著に表れてくると言われています。
当然動物病院では猫の健康を維持する、長生きしてもらうという観点で栄養バランスや安全基準をクリアしたキャットフードを推奨しますが、やはり一か月あたり5,000円から6,000円くらいと市販の1,000円にも満たないキャットフードよりも5,6倍も高いフードになってしまいます。

なので猫自身の体質や体調によってフードは選択すべきであり一概に相場は無いと考えて頂く事が正しい答えなのではないでしょうか。
たとえば猫自身も体質はもともと丈夫で、健康管理に気をつける家庭であれば病院で推奨されたフードに市販のフードを量増しをしたり、遺伝的な疾患があると診断された猫は病院の推奨されたフードを与え続けるというように。
一番大切なことは猫の健康を第一に考えフードを選ぶことではないでしょうか。


このページの先頭へ