安全基準

キャットフードの適正年齢

キャットフードにも適正年齢があり、年齢によって必要な栄養素やカロリーが大きく異なります
特に生後1年まではキャットフードの与え方にも注意が必要で、もちろん老猫も同様です。

まず、生後間もない子猫は母乳やミルクで免疫を高める必要があり、本格的に仔猫用のキャットフードが食べられるのは生後3週間後くいと言われています。
ただ、このころは消化器官が未発達のためフードはぬるま湯に浸しやわらかくして、1日数回に分けて与える必要があります。
また、仔猫用のフードは成猫用のフードに比べ高カロリーに作られている為、食事を食べない時間が長いと低血糖を起こしてしまうので注意が必要です。
もちろん成長するに従って水分を減らし固形に近づけるとともに、1日に与える回数を減らしていく必要があります。
10か月から11か月くらいから成猫用のフードに切り替え、回数も朝晩1日2回にしていきます。
成猫になってからは1日の給餌量は体重によって与える量が変わってくるのでしっかり管理する必要があります。

そして、11歳以降の老齢期は健康維持のためにビタミンが豊富、に含まれたフードや、動物病院が推奨する低カロリーなフードに切り替えていく必要があります。
もちろんフードのパッケージの裏には適正年齢や給餌量がしっかりと表示されているので適正なものを与えていくことが猫の健康管理には大切です。


このページの先頭へ